入局案内

卒前・卒後研修

医学生の教育

臨床実習としては産科婦人科と産直実習の2回にわたり学生が廻ってきます。学生に新来患者の予診を取らせる科は、熊大病院ではすっかり少なくなってしまいました。外来や手術実習のほか母子センターに隣接する臨床研修センターの腹腔鏡シミュレーターなどを利用して参加型の教育を心がけています。学生が自由に科を選択できる特別臨床実習では毎年のべ20名近くの学生が産婦人科を選択しており、卒業の時点で産婦人科を強く考えている学生が3~4名います。

取得可能な専門医資格

  • 日本産科婦人科学会・産婦人科専門医
  • 日本周産期新生児学会・周産期専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会・婦人科腫瘍専門医
  • 日本生殖医学会・生殖医療専門医
  • 日本癌治療学会・がん治療認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医
  • 日本超音波医学会・超音波専門医
  • 日本臨床細胞診学会・細胞診専門医

臨床研修の特徴

産婦人科は、周産期医学,生殖医学,婦人科腫瘍医学など広範な分野に及ぶ内科的な管理と外科的管理の両方を行う科です。医師としての成長に伴って自分の適正に応じた分野を選択することができます。
産婦人科医師不足は国にとって喫緊の課題でありますが、ほんとうに求められているのは数をこなす医師ではなく、質の高い医療を提供できる産婦人科医です。
我々は、後進を指導できる産婦人科医師を育成することを目指しています。

周産期医学:生命誕生の手助けをする喜びを経験できる唯一の科であることは言うまでもありません。
当院の母子センターは12床のNICU, 6床のMFICUを有し、年間200例近い母体・新生児搬送に対応しており、平成23年4月に熊本県の総合周産期母子医療センターに指定されました。
出生前診断と遺伝カウンセリング、産褥期うつなどにも積極的に取り組んでいます。

生殖医学:生殖補助医療の発達、骨粗鬆症など、生殖医学に関わる問題は増加しています。
当科では体外受精・胚移植を含めた系統的な生殖補助医療を行っているほか、子宮内膜症やPCOSそして思春期発来異常の治療ならびに基礎的・臨床的研究に力を入れています。

婦人科腫瘍医学:産婦人科における腫瘍医学では、診断から治療までを単一の科で扱うことができ、手術療法、放射線療法、化学療法などを組み合わせて治療にあたります。
当科は九州の医療機関の中でもっとも多くの婦人科がん症例を扱う施設のひとつであり、全国的にみても良好な治療成績を挙げています。

産婦人科が多忙な診療科のひとつであることは否定しませんが、ワークシェアリングが可能なことは大学病院の利点といえます。
夏冬各1週間の休暇や産後の育休期間を確保しているほか、当院の産科では他大学病院と比較しても類のない充分な時間外手当を支給しています。
また医局員の学会出席・発表を奨励し、旅費・参加費の援助を行っています。

後期臨床研修のご案内

産科婦人科 専門修練プログラム 

1.プログラムの概要・特徴

 熊本大学医学部附属病院の産科と婦人科は、合同で日本産科婦人科学会専門医を目指した専門修練プログラムを行っています。概要としては、1年間は熊本大学医学部附属病院で研修を行い、2年目以降は、連携する県内の病院で診療に従事する道や、大学院生あるいは大学病院の医員として研究・診療に従事する道などを選ぶことになります。
連携する病院の中には、特定の分野を専門とする施設もあり、各専攻医の希望を容れながらも偏らない研修ができるよう配慮します。卒後臨床研修として産婦人科特化コースを選択した場合は、より早い時期から専門性の高い修練を開始することができます。
 大学院では、産科婦人科(臨床医学系大学院)だけではなく、熊本大学大学院生命科学研究部の基礎医学系や、熊本大学の発生医学研究センターや生命資源研究支援センターでの研究も可能です。また、大学院に進学したとしても、外来診療等の診療の場を確保することで、産科婦人科専門医取得のための研修を平行して続けることができます。更に、希望があれば、国内外の留学研究施設で研鑽することもできます(下記参照)。

 産科婦人科の専門医は、専門修練開始後ただちに日本産科婦人科学会に入会すれば、スーパーローテーションの2年間を含む卒業後5年の経験で、専門医の受験資格が得られます。この専門医の資格は、その後の各分野の指導医・専門医の取得、母体保護法指定医の指定を受けるのに必須の条件となっています。

 熊本大学において産科婦人科学会専門医を取得した後は、更に、産婦人科医としての総合的な能力を深めながら、産科婦人科に在籍する指導医・専門医のもと、個々の適性・希望に応じた分野を中心とした診療や研究にも従事し、各分野の専門医・指導医を目指す事が可能です。当院の婦人科悪性腫瘍に対する手術件数は、がんセンターを含めた全国の上位10施設の中に入っており、婦人科腫瘍専門医の資格を得るために必要な症例の数を容易に経験することが出来ます。また腹腔鏡下手術も積極的に行っており、豊富な症例で研修を積むことができます。さらに周産母子センターはMFICU 6床、NICU 12床をもち、熊本県の総合周産期母子医療センターの認定を受けているほか、日本周産期・新生児医学会の母体・胎児専門医の基幹研修施設にもなっています。また、大分大学および宮崎大学と連携した三大学合同プログラムにより、幅広い臨床経験を積むことができます。

2.研修の目標

2年間の初期研修の経験を踏まえ、専門修練プログラムにおいてはより専門的な知識・態度・技能を身につける必要があります。下記は初期研修の内容を含めた目標です。

I. 総論

A. 一般目標

  1. 産科婦人科の患者の特性を理解し、温かい心を持ってその診療にあたる態度を身につける。
  2. 産科婦人科患者を診察し、適切な診断、治療を行うと共に、各疾患の予防的な方策も指示できる臨床能力を身につける。
  3. あらゆる年代の女性の、すべての健康問題に関心を持ち、管理できる能力を身につける。

B. 行動目標

産婦人科的診療能力

  • a.医療面接(問診)および病歴の記載
    患者との間に良いコミュニケーションを保って医療面接(問診)を行い、総合的かつ全人的にpatient profileをとらえることができる。病歴の記載は、問題解決志向型病歴をつくるように工夫する。

    ①主訴 ②現病歴 ③月経歴 ④結婚、妊娠、分娩歴 ⑤家族歴 ⑥既往歴

  • b.産婦人科診察法
    産婦人科診療に必要な基本的態度・技能を身につける。
    1. ①視診(一般的視診および腟鏡診)
    2. ②触診(外診、内診、直腸診など)
    3. ③穿刺診(羊水穿刺、腹腔穿刺その他)
    4. ④新生児の診察(Apgarスコア、Silvermanスコアその他)
  • c.臨床検査法
    産婦人科診療に必要な種々の検査を実施あるいは依頼し、その結果を評価して、患者・家族にわかりやすく説明することができる。
    1. ①婦人科内分泌検査:基礎体温測定、腟細胞診、頸管粘液検査、ホルモン負荷テスト、各種ホルモン測定、子宮内膜検査
    2. ②不妊(症)検査:基礎体温測定、卵管疎通性検査(通気、通水、通色素、子宮卵管造影)、精子頸管粘液適合試験、精液検査、子宮鏡、腹腔鏡、子宮内膜検査、月経血培養
    3. ③癌の検査:細胞診、コルポスコピー、組織診、子宮鏡、膀胱鏡、直腸鏡、CT、MRI、PET-CT、RI検査、腫瘍マーカー
    4. ④絨毛性疾患検査:基礎体温測定、ホルモン測定、胸部X線検査、超音波診断
    5. ⑤感染症の検査:一般細菌、原虫、真菌検査、免疫学的検査(梅毒血清学的検査、HBs抗原検査、HCV抗体検査、HTLV-I検査、HIV検査、風疹抗体、トキソプラズマ抗体、淋菌DNA、クラミジアDNA・抗体検査など)、血液像、生化学的検査
    6. ⑥放射線学的検査:骨盤計測(入口面撮影、側面撮影)、子宮卵管造影、腎盂撮影、膀胱造影、骨盤血管造影、シンチグラフィー、骨・トルコ鞍・胸部・腹部単純撮影法、CT、MRI、RI検査、PET-CT
    7. ⑦内視鏡検査:コルポスコピー、子宮鏡、腹腔鏡、羊水鏡、膀胱鏡、直腸鏡
    8. ⑧妊娠の診断:免疫学的妊娠反応、超音波検査(ドップラー法、断層法)
    9. ⑨生化学的・免疫学的検査:腫瘍マーカーその他
    10. ⑩超音波検査
      • i)婦人科的検査:骨盤腔内腫瘤(子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣腫瘍その他)
      • ii)産科的検査:胎嚢、胎児頭殿長、胎児計測、異所性妊娠、胞状奇胎、多胎、胎盤付着部位、多胎妊娠、胎児形態異常の診断、子宮頸管長、Biophysical Profile Score (BPS)、Amniotic、Fluid Index (AFI)、胎児胎盤血流ドップラー法
    11. ⑪出生前診断
      遺伝カウンセリング、羊水診断、羊水染色体分析、絨毛診断、遺伝子診断、先天代謝異常症、血液型不適合妊娠、胎児成熟度診断、胎児形態異常診断
    12. ⑫分娩監視法:陣痛計測、胎児心拍数計測、血液ガス分析
  • d.治療法
    産婦人科治療のための注射、穿刺の適応ならびに内科的治療(輸血・輸液、薬剤の処方、食事療法などを含む)、外科的治療の適応を決定し、実施することができる。
    1. ①婦人科における薬物療法:内分泌療法、感染症に対する化学療法、悪性腫瘍に対する化学療法など
    2. ②婦人科手術療法
    3. ③放射線療法
    4. ④その他の治療法:レーザー療法など
    5. ⑤産科における薬物療法:子宮収縮剤、感染症に対する化学療法、妊産褥婦に対する薬物投与
    6. ⑥産科手術
    7. ⑦産婦人科麻酔:婦人科麻酔、産科麻酔、新生児麻酔
    8. ⑧輸液・輸血療法
    9. ⑨救急処置:婦人科救急、周産期救急(産科救急、新生児救急)
  • e.保健指導
    小児期・思春期・成熟期・更年期・老年期の保健指導、母子保健指導

-以下、一般目標のみ

Ⅱ.婦人科腫瘍
  1. ①良性腫瘍(子宮内膜症などの類腫瘍を含む)
     女性性器に発生する主な良性腫瘍の診断および治療の原則を理解し、性機能・生殖機能温存の観点に立って適切な診療を実施する。 また、乳房疾患は性機能との関連で理解し、良性、悪性の鑑別診断を行うために必要な知識・技 能を身につける。
  2. ②悪性腫瘍(関連病変を含む)
     女性性器に発生する主な悪性腫瘍ならびにその関連病変の診断と治療に必要な検査を系統的に理解し、婦人科医自身が行うべき検査、特に早期診断法、癌検診法を実施する知識・技能を修得する。 また主要な悪性腫瘍の標準的 治療と治療後の管理に必要な知識・技能・態度を身につける。
  3. ③手術
     術前・術後の全身管理を適切に行えるようになるために、術前検査と術中・術後のリスクの可能性について理解し、適切な検査と処置を実施するのに必要な知識・技能・態度を身につける。
     手術の目的と適応、局所解剖を十分に理解し、手術に参加するのに必要な知識・技能・態度を身につける。
  4. ④放射線療法(化学放射線併用療法を含む)
     放射線療法(化学放射線併用療法を含む)を適切に行えるようになるために、放射線の種類と特性、種々の治療法の種類と特徴ならびに患者管理について理解し、適切に診療を実施するのに必要な知識・技能を身につける。
  5. ⑤化学療法
     化学療法を適切に行えるようになるために、抗がん剤の種類と特性、種々の治療法の種類と特徴ならびに患者管理について理解し、適切に診療を実施するのに必要な知識・技能を身につける。
Ⅲ. 生殖内分泌
  1. ①内分泌
     各種ホルモンについての一般的概念を把握するとともに、加齢に伴う性機能の変化とその特質を理解し、内分泌疾患を鑑別できる能力を身につける。 また内分泌疾患の病態生理の基本を理解し、妊孕性に対する配慮に基づいて、適 切な診療とカウンセリングを行うのに必要な知識・技能・態度を身につける。
  2. ②不妊症
     不妊症一般についての概念を把握したうえで、不妊症についての検査、治療を系統的に実施し、かつ内視鏡を用いた診断・治療、マイクロサージェリーによる卵管形成術、体外受精・胚移植法等の先端医療の原理についても理解し、実施するのに必要な知識・技能・態度を身につける。
  3. ③不育症
     不育症の一般についての概念を把握したうえで、不育症についての検査、治療を系統的に実施するのに必要な知識・技能・態度を身につける。
IV.産科・周産期

妊娠、分娩、産褥ならびに周産期において母児の管理が適切に行えるようになるために、母児の生理と病理を理解し、保健指導と適切な診療を実施するのに必要な知識・技能・態度を身につける。

Ⅴ.女性のヘルスケア
  1. ①感染症
     主要な産科・婦人科感染症について病態を理解し、病原体の検索・診断・治療を行い、感染防止対策を講じ得る知識・技能・態度を身につける。
  2. ②心身症
     心身症の成因を理解するとともに、婦人科領域疾患のうち心身症として取り扱われる代表的疾患および不定愁訴について適切な対応を行うのに必要な知識・技能を身につける。
  3. ③更年期障害
     女性の生涯における更年期の特殊性を理解し、好発症状・障害についての適切な対応と全人的ヘルスケアを行うに必要な知識と技能を修得する。
VI.母性衛生と法規
  1. ①母性衛生
    • i)母性の生涯にわたる各時期における生理、心理を理解し、適切な保健指導ができる能力を身につける。
    • ii)日本および世界各国の母子保健統計の実態を理解し、母性衛生活動に参加する意義を認識する。
  2. ②医療と法律
     医療と各種の法律、法制度の関わりについて理解し、適法な診療が実施できる知識・態度を身につける。

3.研修の方略

産科婦人科では若い力が必要です

 産科婦人科は、周産期医学、生殖内分泌学、婦人科腫瘍医学、更年期・老年期医学など広汎な分野に及ぶ科であり、医師として成長するに従い、それぞれの適性に応じた分野を選択することができます。
すでに各種報道でご存じの通り、産科婦人科医師を目指す人の数は全国的に減少傾向にあり、もはや危機的な状況にある地域もあります。産科婦人科を標榜する医師数は、内科、外科、整形外科、小児科についで多いのですが、平均年齢50.2歳と、他の科に比べ高齢化が目立っており、若い力が必要です。

 周産期医学はこれから生まれてくる子供たちに最良のスタートを提供するための医療です。出生数は減少傾向にありますが、産科婦人科の医師はそれ以上に減っていますので、医師ひとりが扱う分娩数はむしろ増加しています。
さらに世界的にトップクラスにある周産期医療環境を維持し、いっそう改善するため、一件の分娩に対してより多くの人的資源が必要とされています。

 生殖内分泌学の分野では、不妊症や体外受精・胚移植等の生殖補助技術の進歩はめざましいものがあり、この分野において適切な医療を提供するばかりでなく、倫理的に適切な判断を行うことのできる専門医が希求されています。

 婦人科腫瘍学は、消化器や呼吸器の分野と違い、診断から治療までを単一科で扱うことができる分野です。また、この領域は外科的治療が主体となっていますが、卵巣癌や絨毛癌などは化学療法の効果が最も期待できる腫瘍でもあります。更に、放射線治療は手術と同様に子宮頸癌の主治療であり、放射線治療科と協力して治療にあたり、手術,化学療法を組み合わせた集学的な治療が経験できます。

 更に、超高齢化社会の到来で、更年期や老年期診療への取り組みも社会より強く要請されています。

当科に在籍する指導医・専門医(平成24年10月現在)

当科では、片渕教授、大場准教授、田代特任准教授以下多数の産科婦人科学会専門医をはじめ、婦人科腫瘍専門医・癌治療学会臨床試験登録医・死体解剖資格認定医の片渕教授、内分泌代謝科指導医・超音波医学会専門医・臨床遺伝専門医・生殖医療専門医の大場准教授、婦人科腫瘍専門医の田代特任准教授、生殖医療専門医の本田講師、岡村講師が在籍しています。これらの豊富なスタッフで充実した専門修練プログラムを提供します。

教室・施設の紹介(平成24年10月現在)

 私たちのバックグラウンドである熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学は、118年の歴史ある教室です。
現在、教授1名、准教授1名、特任准教授1名、講師2名、助教6名、診療助手2名、医員4名、大学院生6名、研究員1名です。
熊本大学医学部附属病院の婦人科は38床、産科/周産母子センターは産科 21床、MFICU 6床、NICU 12床、GCU 12床で、当院小児科、発達小児科、小児外科と連携しながら運営しています。

熊本大学医学部産科婦人科学教室出身の医師が常勤している病院

 当教室と連携した地域の病院としては以下の病院があります。すべての医療機関で複数の産婦人科医師が勤務する体制を取っており、勤務医の疲弊が起こらないよう配慮されています。

 現在、当教室出身の医師が常勤している病院としては、熊本県内では、荒尾市民病院、山鹿市民医療センター、阿蘇温泉病院、公立小国病院(非常勤)、くまもと森都総合病院(旧・NTT西日本九州病院)、熊本市民病院(産婦人科および新生児センター)、熊本赤十字病院、済生会熊本病院、国立病院機構熊本医療センター、日赤健康管理センター、福田病院、熊本生殖医学研究所(伊井産婦人科病院)、熊本労災病院、八代総合病院、天草中央総合病院、上天草総合病院、牛深市民病院(非常勤)、人吉総合病院、公立多良木病院、水俣市立総合医療センターがあります。

 熊本県外では宮崎県立延岡病院、常勤していないが勤務可能な熊本県内の病院(平成24年10月1日現在)は、公立玉名中央病院、大牟田天領病院、熊本セントラル病院です。

提携研修施設

Asan Medical Center(韓国、ソウル市)

留学先

 当科関連の国外の留学研究施設は、University of Pennsylvania, Johns Hopkins University, Trinity University, National Institute of Health USA, University of Texas, University of Michiganがあります。

4.研修の評価

基本的な知識・技術の習得の評価は、研修指導責任者ならびに実施責任者により行われますが、最終的には日本産科婦人科学会専門医試験により判断されます。

5.研修実施責任者

 片渕 秀隆 教授

6.研修指導責任者

 大場 隆 准教授、  田代 浩徳 特任准教授、  岡村 佳則 講師

7.連絡先、見学・入局のご案内

 後期研修(専攻医研修)のお問い合わせは下記にお願いいたします。専門研修カリキュラムや女性医師の勤務体制に関することなど、お気軽にご相談下さい。
 また、週末・休日であっても見学を受け付けます。詳細は下記のホームページにアクセスして下さい。ご連絡をお待ちしています。

〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
TEL 096-373-5269(直通) FAX 096-363-5164
熊本大学大学院生命科学研究部 産科婦人科学(医局長;岡村 佳則)
E-mail: obgyn@kumamoto-u.ac.jp   HP: http://kumadai-obgyn.net/

ページの先頭へ