熊本大学大学院生命科学研究部 先端生命医療科学部門 成育再建・移植医療分野 産科婦人科講座 | 熊本大学病院 産科・婦人科

研究・業績

教室業績

2021年

英文著書

  • Yamaguchi M., Katabuchi H.
    Molecular pathology and clinicopathological significance of endometrial carcinoma
    Molecular Diagnosis and Targeting for Gynecologic Malignancy Isonishi N, Kikuchi Y (eds),
    Springer.115-131,2021

和文著書

  • 片渕秀隆
    CQ2 癌化を考慮した卵巣チョコレート嚢胞の取扱いは?
    子宮内膜症取扱い規約 第3版 日本産科婦人科学会編 金原出版 2021
  • 片渕秀隆
    女性性器の疾患 子宮頸部
    「標準産科婦人科学」第5版 岡井 崇,綾部琢哉編集 医学書院. ,2021
  • 楠木 槙,片渕秀隆
    子宮内膜症 診断 病理
    子宮内膜症・子宮腺筋症 ―診断アトラス&新たな治療戦略(大須賀 穣監修,甲賀かおり編集) 中山書店.77-88,2021

英文論文

  • Tokunaga H, Mikami M, Nagase S, Kobayashi Y, Tabata T, Kaneuchi M, Sato T, Hirashima Y, Matsumura N, Yokoyama Y, Kawana K, Kyo S, Aoki D, Katabuchi H.
    Japan Society of Gynecologic Oncology guidelines 2020 for the treatment of ovarian cancer, fallopian tube cancer and primary peritoneal cancer
    J Gynecol Oncol.32:e49,2021
  • Ikeda M, Mikami M, Yasaka M, Enomoto T, Kobayashi Y, Nagase S, Yokoyama M, Katabuchi H.
    Menopausal status and treatment procedures are associated with positive surgical margins after therapeutic cervical conization for cervical intraepithelial neoplasia grade 3: A retrospective multi-institutional survey of 8856 patients by the Japan Society of Obstetrics and Gynecology
    J Gynecol Oncol.32:e68,2021
  • Iwagoi Y, Motohara T, Hwang S, Fujimoto K, Okeda T, Katabuchi H. Omental metastasis as a predictive risk factor for unfavorable prognosis in patients with stages III-IV epithelial ovarian cancer
    Int J Clin Oncol. 26:995-1004,2021
  • Togami S, Kobayashi H, Niikura H, Shimada M, Susumu N, Tanaka T, Terai Y, Nagai T, Baba T, Yahata H, Yamagami W, Yamaguchi K, Yamashita T, Yaegashi N, Katabuchi H, Aoki D.
    Survey of the clinical practice pattern of using sentinel lymph node biopsy in patients with gynecological cancers in Japan: the Japan Society of Gynecologic Oncology study
    Int J Clin Oncol. 26:971-979, 2021
  • Kusunoki M, Fujiwara Y, Komohara Y, Imamura Y, Honda R, Ohba T, Katabuchi H.
    Hemoglobin-induced continuous activation of macrophages in endometriotic cysts: a potential mechanisim of endometriosis development and carcinogenesis
    Med Mol Morphol.54:122-132,2021
  • Monsur M, Yamaguchi M, Tashiro H, Yoshinobu K, Saito F, Erdenebaatar C, Iwagoi Y, Ohba T, Iyama K, Katabuchi H.
    Endometrial cancer with a POLE variant progresses frequently through the type I pathway despite its high-grade endometrioid morphology: A cohort study of a single insititution in Japan
    Med Mol Morphol.54:133-145,2021
  • Kodera C, Aoki S, Ohba T, Higashimoto K, Mikami Y, Fukunaga M, Soejima H, Katabuchi H.
    Clinical analysis of placental mesenchymal dysplasia in Japan: A multicenter case seroes
    J Obstet Gynaecol Res.47:1118-1125,2021

和文雑誌

  • 山元真由子、山口宗影、大場 隆、片渕秀隆
    出生前診断によりBody stalk anomalyの適切な周産期管理を行い得た二絨毛膜二羊膜双胎妊娠の一例
    熊本産科婦人科学会雑誌 65:43-47,2021
  • 中村 菫、齋藤文誉、神尾未紗希、瀬尾優太朗、岩越 裕、本原剛志、大場 隆、片渕秀隆
    内分泌学的動態の評価が術前診断に寄与した肺癌卵巣転移の一例
    熊本産科婦人科学会雑誌 65:101-106,2021
  • 吉村早織、小寺千聡、伊藤史子、大場 隆、片渕秀隆
    原発性無月経の診断における骨盤MRI検査の役割
    日本女性医学会雑誌 28:278-282,2021
  • 瀬尾優太朗、本原剛志、片渕秀隆
    カルチノイド腫瘍 
    産科と婦人科88:142-143,203-207,2021
  • 川名 敬、片渕秀隆
    婦人科腫瘍におけるCOVID-19への危機対応
    産婦人科の実際70:167-174,2021

国内学会・研究会他発表

  • 第42回日本エンドメトリオーシス学会学術集会(2021年1月23-24日:大阪市(WEB開催))
    卵巣子宮内膜症性嚢胞内の炎症に対するヘモグロビンとマクロファージの関与
    楠木 槙1).2)、藤原章雄2)、坂本 暉3)、鶴 拓人3)、今村裕子1)、本田律生1)、大場 隆1)、菰原義弘2)、片渕秀隆1)
    1) 熊本大学大学院生命科学研究部 産科婦人科学講座、2)同 細胞病理学講座、3)熊本大学医学部

  • 第62回日本婦人科腫瘍学会学術講演会(2021年1月29日~30日:Web開催)
    再発子宮頸癌に対する手術療法についての検討
    坪木純子1)、齋藤文誉1)、本原剛志1)、田代浩徳2)、片渕秀隆1)
    1) 熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学講座、2)女性健康科学講座

    肝転移を伴った1例を含む卵巣原発カルチノイド5例の臨床病理学的検討
    楠木 槙1)、齋藤文誉1)、瀬尾優太朗1)、本原剛志1)、山口宗影1)、大場 隆1)、三上芳喜2)、片渕秀隆1)
    1) 熊本大学大学院生命科学研究部 産科婦人科学講座、2)熊本大学病院 病理部・病理診断科

    子宮脱により体外に脱出し整復不可能であった子宮頸癌に対する手術術式に関する一考察
    瀬尾優太朗1)、本原剛志1)、齋藤文誉1)、大場 隆1)、田代浩徳2)、片渕秀隆1)
    1) 熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学講座、2)女性健康科学講座

    コロイド癌の特徴をもつバレル型発育の子宮頸部粘液性癌:極めてまれな組織型のマクロとミクロ
    吉積貴子1)、小寺千聡1)、西村朗甫1)、山本 直1)、齋藤文誉1)、本原剛志1)、三上芳喜2)、片渕秀隆1)、大場 隆1)
    1) 熊本大学大学院生命科学研究部 産科婦人科学講座、2)熊本大学病院 病理部・病理診断科

    プラチナ抵抗性再発卵巣癌に対するベバシズマブ 2 週間隔投与の使用実態調査
    関根正幸1)、榎本隆之1)、渡部 洋3)、片渕秀隆3)、八重樫伸生4)、青木大輔5)

  • 第44回熊本女性医学講座(2021年1月21日:熊本市(ウェブ講演会))
    講演Ⅱ
    月経異常への超音波断層法によるアプローチ
    大場 隆