熊本大学大学院生命科学研究部 先端生命医療科学部門 成育再建・移植医療分野 産科婦人科講座 | 熊本大学病院 産科・婦人科

入局案内

入局のご案内

女性の一生を支えるプロフェッショナルを目指して

 われわれ産婦人科医は、妊娠・分娩はもちろんのこと、女性生殖器に生じる悪性腫瘍や生涯を通して変動する内分泌学的動態による病態など、女性の一生に関わります。さらに、出生前の胎児、さらにはそれ以前の胚、卵子、精子を扱う生殖医療にも携わります。妊娠・分娩、生殖といった産婦人科に特化した領域に加えて、外科的側面、内分泌学を中心とした内科的側面も併せ持つ診療科は産婦人科以外には皆無といえます。一生の中で女性が抱えるそれぞれの問題に応じて、総合的な知識と技術で対応したうえで、後述する周産期医学、生殖内分泌学、婦人科腫瘍学の領域で専門性を発揮できるのも産婦人科の魅力の一つです。

産婦人科の主な3分野

周産期医学

 周産期医学はこれから生まれてくる子供たちに最良のスタートを提供するための医療です。出生数は減少傾向にありますが、産科婦人科の医師はそれ以上に減っていますので、医師ひとりが扱う分娩数はむしろ増加しています。さらに世界的にトップクラスにある周産期医療環境を維持しいっそう改善するため、一件の分娩に対してより多くの人的資源が必要とされています。生命誕生の手助けをする喜びを経験できる唯一の科であることは言うまでもありません。当院の母子センターは年間200例近い母体・新生児搬送に対応しており、NICUは12床、2011年1月よりMFICU6床が稼働しています。出生前診断と遺伝カウンセリング、産褥期うつなどにも積極的に取り組んでいます。

生殖内分泌学

 女性の結婚年齢の高齢化により不妊症の患者は増加しており、2022年4月からは不妊治療に保険が適応され、今後さらに患者さんからのニーズがふえることが予想されています。また、当施設では小児・AYA世代の癌患者さんに対する妊よう性温存療法にも力を入れています。今後は着床前遺伝学的、特に重篤な遺伝学性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査にもとりくんで行きたいと考えており、この分野における専門医の育成に力を入れています。

婦人科腫瘍学

 婦人科3大癌である子宮体癌、子宮頸癌、卵巣癌は本邦で増加傾向にあり、子宮体癌と子宮頸癌をあわせると、乳癌、大腸癌、肺癌、胃癌についで5番目に罹患数が多いことが報告されています。婦人科悪性腫瘍では化学療法や放射線治療が有効な疾患も多いことから、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療が行われ、近年では、がんゲノム医療の導入により分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤による治療も多く行われています。手術領域では鏡視下手術が低侵襲手術として飛躍的に普及し、当施設でもロボット支援下手術や腹腔鏡手術を積極的に行っています。

医局の環境

 熊本大学医学部産科婦人科学教室は1896年に開設され120年をこえる歴史ある教室です。2022年6月には第10代教授として京都大学から近藤英治先生が着任され、日々、臨床・教育・研究に励んでいます。臨床では、近藤教授の専門である周産期医学はもちろんのこと、婦人科腫瘍に対する手術も多く行っています。先述したように、ロボット支援下手術や腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、連携病院でも同様な環境を整えつつあります。生殖内分泌学では、体外受精・胚移植等の生殖補助医療のみならず、2016年に開設したがん生殖医療センターで、生殖可能年齢でがん治療を受ける患者さんに対し、がん治療前に採取した卵子、精子、あるいは胚の凍結保存により妊孕性を温存できるように対応できる環境を整えています。また、胚移植する前に体外受精胚の遺伝子を調べることで、遺伝性疾患をもつ子どもが生まれる可能性を減らすことを目的とした受精卵着床前検査(PGT-M)の施行へ向け準備を行っています。

 産婦人科専門医取得には入局後3年で分娩150症例、執刀医として帝王切開30例、単純子宮全摘出術10例をはじめとして数多くの手技・処置の経験が必要になります。これらのノルマをこなすべく、熊本大学病院に加えて下に示す連携施設での研鑽を行いながら、周産期、生殖内分泌、婦人科腫瘍の知識・経験をまんべんなく習得できる環境を整えています。

 研究においては、臨床研究に加えて、上述した3領域での基礎研究を行っており、国内外へ留学する環境も整えています。

 当教室は、「人材は宝」「熊本から世界へ」をスローガンに、人材の確保・育成と臨床・研究・教育に取り組んでいます。

連携施設(21施設 50音順)

ART女性クリニック、阿蘇温泉病院、天草中央総合病院、荒尾市民病院、伊井産婦人科病院、熊本医療センター、熊本市民病院、くまもと森都総合病院、熊本赤十字病院、熊本総合病院、熊本ホームケアクリニック、熊本労災病院、公立多良木病院、済生会熊本病院健診センター、慈恵病院、ソフィアレディースクリニック水道町、人吉医療センター、福田病院、水俣市立総合医療センター、産科婦人科本原クリニック、山鹿市民医療センター